WordPressテーマ「AN (tcd014)」

【若者たち2014 第4話】仲間に夢を託された陽

【若者たち2014 第4話】諦めたらそこで終わり

若者たち第4話を見た感想です。

ひかり(満島ひかり)と新城さん(吉岡秀隆)の2ショット写真の裏に書かれていた「キッカワミズキ」は、暁(瑛太)の恋人で、新城さんの患者さんでした。

吉川瑞貴(広末涼子)は、舞台女優で、兄弟の中で陽(柄本佑)だけが瑞貴と面識があったみたいです。陽は、夢を叶えられなくなった瑞貴に「いつか飛龍伝を上演してほしい」と言われていたようです。それで、劇団の旗揚げ公演「飛龍伝」のチケットを瑞貴にプレゼントすると言って、暁にチケットを預けようとしました。

舞台「飛龍伝」といえば、劇作家・演出家・小説家と活躍するつかこうへい氏の代表作で、2003年には広末さんが主演を務め、チケット入手が困難と話題になるほど好評となった伝説の舞台だ。

そして、オープニングで簡単に流れましたが、旭(妻夫木聡)と梓(蒼井優)は無事に婚姻届を出しました。しかしまだ一緒には住んでいないみたいです。しかも旭は、会社をクビになって1ヶ月が経つのに、再就職先が決まっていませんでした。

陽が公演を諦める理由

陽は、公演を控えた大事な時期に、一緒に劇団を旗揚げした斉藤(小久保寿人)に劇団のお金30万を持ち逃げされました。挙句に、別の劇団員二人が、陽のやり方に不満を持っていて、舞台のセットを壊して辞めてしまいました。

第1話でも、陽の元恋人でヒロインだった沙紀(大谷英子)が、陽のやり方に不満があると言って、劇団を辞めています。

陽は、他の誰よりも芝居に対する思い入れが強いから、ストイックになり、人にも厳しくなってしまうのかもしれません。陽のやり方に不満を持つ劇団員は、芝居に対してそこまで思い入れていないか、”所詮は夢で、叶うものじゃない”とか”叶うはずがない”と思っているのかもしれないですね。

そして、陽は今回の舞台を中止にして、次に生かすと決意をしますが、旭(妻夫木聡)から、公演を中止にする理由について、他人のせいにして逃げているだけだと叱咤されました。そんな理由で今回を諦めると次もダメになると。

確かに旭の言う通り、本当に叶えたい夢のためなら、どんなに辛くて嫌な思いをしたとしても、耐えられるのだと思います。

暁が騙し取った3,000万円は瑞貴の手術費用だった

瑞貴は、拡張型心筋症にかかっていて、新城さんの元へ来た時は、すでに心不全の状態だったそうです。瑞貴が助かるためには、海外で移植手術をする必要があり、3,000万円がかかるそうです。暁は、新城さん以外の医師から移植手術で3,000万円かかると聞き、昌江さんから3,000万を騙し取った事がわかりました。

昌江さんは、騙されている事に気付いていましたので、暁の”恋人を想う気持ち”みたいな優しさがなんとなくでも伝わっていたのかもしれませんね。しかし瑞貴は、暁が3,000万円を手に入れた直後に亡くなっています。結局、3,000万円は手術に使わなかった(使えなかった)という事です。

暁が言った「3,000万円は遊んで使ってしまった」と言うのは嘘じゃないかと思っていました。特に、今回、手術ができなかった事がわかりましたので、まだどこかに隠し持ってる事も考えられます。すぐに捕まっていたとしたらなおさら、使いきる時間もなかったのでは?と思うのですが…。

だけど、罪を犯してでも助けてやりたかった恋人の死に絶望し、兄のように慕っていた新城さんに失望し、自暴自棄になって本当に遊んで使ってしまったのかなァとも思えます。

それにもし、犯罪で手にいれたお金で瑞貴の命が助かっていたとしても、瑞貴は喜ばないでしょう。私だったら、自分が病気になったせいで大切な人の手を汚させてしまった、と自分で自分を責めると思います。

アサ兄の優しさ

旭は、陽のために斉藤の居場所を突き止めてくれて、そのおかげで斉藤がお金を持ち逃げした事情もわかりました。しかも旭が「親父が陽のために残してくれた金だ」と(嘘を)言って30万円を渡してくれたことで、陽は公演を中止にせずに済みました。

暁曰く、実際は旭が死んでも頭をさげたくないと思っていた、前会社の社長に頭をさげて30万円を借りたようです。陽の夢を応援したい、陽が幸せになってくれるのなら、と思うからこそ、できた行動なのだと思います。

斉藤は、陽と一緒に劇団を旗揚げした事を誇りに思っていて、芝居に対する思いは陽と同じぐらい強いみたいです。ただ、どうしても諦めなければいけない状況だから、陽に夢を託したいと言ってくれました。

そして、香澄(橋本愛)は、自分の居場所を見つけたんだろうなァと感じていましたが、陽が初めて飛龍伝を読んだ時に、”俺はここにいる” “俺は生きていると感じた”と聞いて、「私も同じ思いだった」と言って陽を励ましていました。

結局は、不満を持つ人がいたとしても、それは一部の人だけであって、応援してくれる人、同じ気持ちで一緒に頑張ってくれる人がいるということですね♪

斉藤や亡くなった瑞貴のように、やむを得ない事情で夢を諦めた人の思いまで背負うのは、しんどいと思います。だけど、陽ほど強い気持ちを持っていれば、夢を叶えられそうです。

梓は流産してしまうの!?

旭は、陽の舞台が終わって家に帰ると、玄関先で倒れている梓を発見しました。梓は、お腹を痛がってる様子もありましたし、出血もしていたので、切迫流産かもしれません。

早産になる可能性もあると言われていましたので、未熟児として産まれてくるかもしれないですよね。どういう状況かわかりませんが、ひかりは「今のアサ兄じゃきっと手に負えない」みたいな事を言って、旭に責められていました。

旭は、再就職先がいつまでも決まりそうになかったら、梓と子供のために、社長に「また働かせてください」と土下座するのもありそうです。旭は社長を殴って怒らせたのに、すんなりではないけどお金を貸してもらえているので、信頼はされてるような気がします。

来週は、旦が香澄に告白するシーンがあり、その後香澄は、陽に「告白されちゃった」と言っていました。香澄は陽に惚れはじめてる気がするんですよねェ。旦(野村周平)も、香澄のそんな気持ちに気付いてるような気もします。だから焦って告白したのかもしれないですね。マジで三角関係とかなっちゃうのでしょうか(笑)

ひかりと新城さんの関係も、同僚の内海(馬場徹)にばれてそうです。ちなみに、内海はひかりに惚れてそうです(笑)

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。
  • コメント (0)
  1. この記事へのコメントはありません。

サイト内検索

おすすめ記事

Tweet

ページ上部へ戻る